電気自動車に乗って房総まで行ってみたよ

たけしです。こんにちは。

先週末は父の四十九日法要でした。式場は諸事情で千葉県茂原市にあるお寺さんになり、車で自宅を出て、途中で母を拾い、お寺へ行って、会食して、帰路に着くというプランを立てました。最初はカーシェアリングの車を押さえていたのですが、デミオは3人乗るには車室が若干狭いかな、と思い、キャンペーンで安くなっていたこともあり、興味半分で電気自動車、日産リーフを借りてみることにしました。

出発の時、一通り使い方を説明されました。そんなにガソリン車と違うところはなく、操作はいたって普通です。航続距離ですが、公称満充電で200kmなので、片道75kmの茂原なら、帰ってこれると踏みました…が、公称はあくまで公称。80%以上の充電で貸出ということもあり、最初の表示で151kmと出ました。

「あ、これはもう途中で充電するしかあるまい」

と覚悟しつつ車を発進させます。というか、エンジン、もとい電源を入れてから、発進させても音らしい音がしません。至って静かです。加速もスムーズです。

とりあえず高速走行は電池の減りが早いらしいので、時間もあったので、一般道で千葉方面へ走ります。途中、実家で母を乗せ、今度は京葉道路で千葉へ。その後千葉東金道路、千葉外房有料道路と進んで、無事茂原のお寺に到着しました。

法要と会食は無事終了。ふぐの唐揚げがおいしかったね、などと言いながら親戚と別れて、近くの日産ディーラーへ充電しに行きます。時間は午後6時、工場は30分後に閉まるので、それまで入れてもらうことにします。その間、ショールームで休憩です。しかし、問題は茂原にいくつか日産はあれど、どこにも「急速充電器」はありません(2012年1月上旬現在)。急速充電なら30分で80%回復出来るのですが、普通充電では8時間でやっと満充電になります。

ディーラーさんに入った時点で残り51kmでした。40分の普通充電で約20km延びましたが、夜間走行はライトを使い、エアコンも電気を消費するので、東京へ帰り着くのは多分無理ということになり、ディーラーの方が慌てて千葉市内の急速充電器のあるお店へ連絡、店を開けて待っていてくれることになりました。

我々は一路、千葉市の日産のお店に向かいます。ディーラーの方の言うとおり、ライト点けてエアコン入れると航続距離はどんどん減ってゆきます。下り坂やブレーキで若干距離が延びたりして、ちょっと面白かったのですが、ガス欠ならぬ「電欠」は避けたいので、飛ばしすぎず省エネモードで何とか千葉市のお店に到着です。

ここでもショールームで待機です。ホットコーヒーでもてなされたり、何かどのお店でも不思議と待遇がいいのは、それだけ日産がリーフに力を入れている証拠かもしれません。お客さんの口コミは怖いですからね〜。しかし、今回千葉日産のお店には助けられたので、車買うことがあったら皆さん千葉日産で買ってあげてください(笑)。

充電終わって、120km近くまで回復です。これで東京まで安心して帰れます。最後は誘導とお見送りまで受けて、一路東京へ向かいます。時間も無いので京葉道路を走ると、今までにない勢いで航続距離が減ってゆきます。市川の時点で70kmくらいまで減りました(もちろん千葉から市川はそんなに離れていません)。母を実家で下ろし、レンタカーの営業所に帰着したのが午後10時。何とか無事帰宅出来ました。お疲れ様です。

教訓:充電には気をつけよう。近場の外出でも急速充電器の場所は要確認。

ガソリンスタンド並に充電スタンドが普及すれば、そんなに心配しなくてもいいのかもしれませんけどね。その頃には電池の容量も増えている気がしますし。

この記事を書いた人

いがらしたけし