また引っ越しました(実家が)


(箱根湖尻峠から芦ノ湖を望む)

こんにちは、どうも。やっとスギ花粉が落ち着いてきて、自分的にはやっと春を楽しめるようになってきました。お布団干そうかな。

ブログを更新しない間も、さくらのVPSを乗り換えてwebサーバーをnginxにしてみたり(この話は後日に)、ネタがなかったわけではないのですが、実家の引っ越しがあったので、のんびりブログを書く余裕があまりなかったのです。

その実家なのですが、先週千葉の市川から静岡の熱海に引っ越しました。実家の引っ越しはこれが8度目になるはずです(多分)。亡父が転勤の多い仕事だったので、関東周辺をうろうろしていたのですが、市川に引っ越した後しばらくして会社を退職、父もいなくなり、人間一人ネコ2匹で特に市川に住んでる理由もないということで、母の実家(母方の祖父母は健在です)に割と近い熱海に引っ越すことになったのです。

引っ越し当日、僕ら夫婦の担当は、レンタカーを借りて市川へ向かい、母とネコをひろって、熱海へ向かう、というような任務でした。

朝は結構早めに起きられたので、レンタカーも予定より30分早い8時半に借りたのですが、母からかみさんに連絡があって、その時点で市川に引っ越しのトラックが既に到着して積み込みを始めていたそうです。早すぎる…。

こちらは首都高で若干捕まったものの、概ね順調に1時間くらいで到着していたのですが、市川についた頃には、もうトラックは荷物を積んで出発した後でした。早いって。前日から泊まり込みで手伝ってくれた叔父母も、新居の鍵を持ってネコと一緒に発った後だったので、基本的に市川ですることはなかったです。すいません。

とりあえず手回り品を車に載せ、不動産屋さんに家を引き渡して、トラックに遅れること1時間で出発です。ルートはひたすら海沿いです。時間は休憩入れて3時間くらいでした。東名使ったらもうちょっと早かったなあ、海きれいだねえ、などと呑気に運転していたのです。熱海市内に入ったところで叔母の携帯に連絡したら、

「もう荷物下ろしてトラック帰ったよ」

とのこと。仕事早すぎる…。結局僕ら二人は引っ越しのトラックを見ることなく、荷物が積まれた新居で片付けをするくらいでした。何でもトラックは熱海の後、神奈川の方で一仕事あるとのことでさっさとやっつけて次の現場へ行きたかったようです。

叔父は電気工事士なので、さっそく新居の洗面所でコンセントの増設をしています。僕は僕でMacなどPC周りの設置を淡々とこなします。しかし、そこで問題発生、NTTが工事に来たものの、管理人が休みで電気室に入れず、電話が繋げられないという事態に。また申し込み直してくださいねー、ということで、電話もネットもお預け状態になってしまいました。

とまあ、いろいろあったものの、何とか引っ越しは一応完了したのでありました。

帰りは箱根の山の上を通って帰って来ました。富士山がきれいだったです。写真で迫力が伝わらないのが残念。

付録:ペットとレンタカー

今回結局ネコは叔父の車で移動しましたが、レンタカーも会社によってはペットが同乗できます。いろいろ条件が付くのですが、今回お願いしたマツダレンタカーさんは比較的融通がきく感じだったので、直接最寄りの営業所に問い合わせてみるといいと思います(大手だと日産は同乗禁止、ニッポンレンタカーとトヨタ、オリックスがミニバンなどでOKしてます)。

この記事を書いた人

いがらしたけし