職業人にとっての最高の報酬とは

今日、ふと思ったこと。なお、以下は私見であり、他の方の考えを否定、批判するつもりは全くありません。

フリーランスである私が、次のように思うとする。

「この仕事はなんて割に合わないんだろう」

この時点で私は二つ過ちを犯してしまったことに気づく。

一つは、まず案件を受ける時点で自分の時間的、費用的見積が甘かったこと。そして、取り掛かった仕事を報酬に見合ったコストで仕上げる能力が自分にないこと。

そういう場合、どう仕事に取り組むべきか。「対価のことなどは考えない。いいものを作ることに専念する」ことが最良だろう。職業人にとって最高の対価は、最良の成果物であるはずだからだ。

# 大人の事情により、悪条件から逃れられないケースが多数あることも承知しております。あくまで本質のお話です。

  generated by feedpath

この記事を書いた人

いがらしたけし