もうEMアウトレットで失敗しない!!

最近、ホッテントリメーカーにはまってるので、妙に釣りっぽいタイトルでも気にしないで下さいね(笑)。EMアウトレットで失敗した、というのではなく、その商品がMacで使えなくて困ったという状況と解決について書きます。

で、そのEMアウトレット。いくつかのブログでも取り上げられていますが、EMOBILE(イー・モバイル)が返品になった商品を適宜修理、再点検して発売するもので、EMOBILEオンラインストアの通常価よりお安くなっているというものです。さらにEMチャージというプリペイドサービスを利用すれば、使いたい時だけ使った分支払うことが出来ます。基本はオフィスか自宅でネット見るが、たまに出先での打ち合わせなどでネットに接続したPCを利用したいケースというのはあると思います。まさに自分のことですが、こういう場合にはうってつけのサービスと言えるでしょう。

私はMacBook Proを使いますので、モデムはD01HWかD02HWが主な選択肢なのですが、ここは快適な通信を期待して下り最大7.2MbpsのD02HWを選ぶことにしました。17,980円で諸費用込み、チャージ1万円分が付いてきます。自分としては結構お得感があるのですが、どうでしょう。チャージは利用開始日(後でチャージする場合は、チャージした日)から90日で期限を迎えるので、何となく使い切らない予感がする…まあ、ないよりはあった方がいいのでよしとしましょう。

EMOBILE D02HW セットアップユーティリティが落ちる件

EMアウトレットのD02HWパッケージ

本日商品が代金引換で届きまして、早速セットアップしてみました。件のソフトを無事インストールし、起動させてみたところ、立ち上がった途端に強制終了してしまいます。何度か試してもだめ。よく取説を読んでみると、動作環境はMacOSX 10.4 Tigerのみとなっていて、Leopard(10.5)のことがどこにも触れられていません。ブログを検索すると不具合続出のようで、結局ユーティリティを使わず直接Macのネットワーク環境設定で繋ぐようなことが書かれています。

今回購入した端末は、D02HW。Mac対応ということで、マニュアルに従ってMacbook(Late 2007)につけてみました。D02HWを差すと、すぐにUSBディスクがマウントされます。インストーラをクリックして、ユーティリティがインストールされます。そして、ユーティリティが立ち上がると、kernel panic orz。
LeopardでD02HWを使う – pLab blog

ところが、自分はEMチャージ用アクセスポイントを設定する必要があるものの、その項目が見あたらず、無視すると接続はできず、数分悩んでから本家EMOBILEサイトへ情報を探しに行きました。ソフトウェアダウンロードあたりを探っていて、件のユーティリティの最新版がありましたので、それをダウンロード、インストールしてみました。すると起動してそのまま利用が可能になりました。

結論(私の場合):D02HW セットアップユーティリティを最新版(1.0.2)にしたら解決。

MacBook ProにD02HWをつなぐ

そう言うわけで、今のところ問題なく接続できています。速度については、さすがに最高速は出ないですが、ブラウズはストレスなく出来ますし、今の時間(昼)であればYouTubeやニコニコ動画も途切れず試聴できました。ちなみにトラフィックが多くなりそうな時は通常の従量制プランの他、1時間〜30日までの各種時間定額プランを申し込まれるとよいでしょう。

この記事を書いた人

いがらしたけし