Art it!

たけしです。こんばんは。

今日は京橋まで行ってきました。明日(もう今日か)まで開催中の駒林修・駒林文代展を見るためでしたが、この方々、実は相方ゆかりさんの師匠です。京橋駅で弟子仲間と合流し、わいわい師匠の個展に押しかけました。ちなみに今回の展示作品ではありませんが、こんな感じの作品を描かれています。

観賞後、師匠らと雑談。そのうち弟子仲間が作品につっこみを入れ始めて、その後しばらく作品の表現について師弟で語らっておりました。僕は(空腹で軽く眩暈を覚えていたものの)楽しく聞いていました。というか、展覧会で作家自身が解説し、質問に答えてくれる機会は、そういうイベントでもない限りはあまりないですよ。僕は夏の公募展以来、すっかり制作意欲がなくなっていたのですが、少しやる気が出てきたかもしれません。

その後、銀座伊東屋裏のアメリカンなサンドイッチ屋で燃料補給。僕が黙々と食べている間、弟子同士でずっと話し続け、気付けばもう6時。慌てて伊東屋へ向かい、僕の本日の目的その2を実行します。

それは来年の手帳を手に入れること。僕はイタリアNAVA design社のPocketdayという手帳を愛用しているのですが、この手帳は僕の知る限り伊東屋本店と数寄屋橋のソニプラでしか扱っていません。新宿や渋谷、吉祥寺ではなぜか見かけないので、毎年この時期銀座近くに用事があると、ついでに伊東屋へ寄るのが恒例になっています。

NAVA Pocketday

NAVA Pocketday

見開きで1ヶ月。僕は一日にそれほど予定を入れないですし、行き先くらいしか書き込まないので、丁度いいんですね。機能的なデザインが素晴らしい、しかも735円(税込)。もう少し書き込みたい人は、同じNAVA社の厚いタイプやブックサイズのものもあります。伊東屋では扱いが小さいので探すのに苦労しましたが、5Fレジのすぐ脇、MOLESKINの売り場に紛れています(笑)。あなたも来年の手帳はぜひNAVAで。

  generated by feedpath

この記事を書いた人

いがらしたけし