新居内覧

浜田山の新居(と言っても正確には、町名は浜田山ではないのだけれど)のリフォーム工事が終わったようなので、ゆかりさんと見に行ってきた。
井荻からバスを乗り継ぎ、柳窪で降りて現地に向かう。井荻や上井草の周辺は区画整理がきっちり行われているので、町並みは整然としているんだけれども、高井戸東や成田西のあたりは道幅も狭めで、よくある住宅街の感じである。結構緑は多い。その辺りは杉並っぽくてよいなあ、と思う。
現地に到着。築20年の軽量鉄骨アパートだけど、最近外観を塗り直したらしく、ぱっと見そんなに古いようには見えない。ドアを開けて中を見たら…
びっくりです。
壁紙は全て貼り直して新品に。キッチンも新品に交換。キッチンと隣の部屋の間仕切りがとれて、広々としている。しかも建具がマンションについているような建具に替えられている。今、安い建具でもこんな感じなのか。床はすべてフローリングプリントのクッションフロア。本物のフローリングは結構冷えるので、かえって良かったかも。というか、リビングは畳でもよかったんだけどな。まあ、いいか。
難を言えば、給湯がないこと。湯沸器を買わないと。風呂は構造上、手を付けられなかったのか、そのまま使ってね☆ということらしい。まあ、それはいいでしょう。
というわけで、来週契約してきます。いよいよだなあ。

この記事を書いた人

いがらしたけし